3/10/2009

知ってました?

遠い遠い昔のまだセカンドライフが生まれる前の話です・・・・・

なんてね^^

Avatarは仮想世界における実在の人物の代表です。その名前はサンスクリット語由来の単語です。
サンスクリット語では、Avatāraが「家系」を意味します。(それは、地球上で神子であることを示します)。
はっきりと言えることはセカンドライフのアバターは、あなたが服を着せて、動かすことができるキャラクタです。
セカンドライフのほとんどのアバターが人間でありますが、そうである必要はありません。
動物も可能です、毛皮付き、タイニー、悪霊、ロボット… 植木鉢か岩石でさえ。 唯一の限界はあなたの想像です。
セカンドライフのデフォルトアバターはルースと命名されました。

Primitarsはセカンドライフの初期段階のアバターです。(その時、それはまだLindenWorldと呼ばれていました)。 primitarのレプリカは歴史博物館で利用可能です。






2001年にはこんな世界だったのですね^^
以上 Second Life Wiki からでした。

5 comment:

花 said...

「セカンドライフ、画像安っぽいよね・・・カクカクして」←会社の同僚25歳男子。
『@@そなの?』
いったいどんな画像をもとめているのか・・・
花的には十分ですww

音衣☆ねい☆ said...

☆ applause ☆

sage proto said...

 Thanks nei^^

おーー said...

このアバター持ってたww
整理して消したかも^^;
歴史的アバターなんですね~

sage said...

おーーさん、
実在するのですか。
リアルスキンなんて到底考えられなかった頃の素朴さが結構いいかも(^^;