7/21/2009

まぁ、落ち着いて


今、盛んに報告をされているバグの件ですが、
「パーミッションが勝手に変わってしまって販売商品がフルパーミッションで販売される」
と勘違いされる方がおられるようですが、

今、問題になっているのは Bulk Permissions と、言われるパーミッションを一気に変更するシステムに限られています。

まず、Torley さんのビデオを見て下さい。


この、新機能が一度にパーミッションを変更しようとして追従していかずに変更漏れ、または変更ミスになっていると思います。

つまり

この機能を使わなければ、問題は起こり得ないと思います。
(手作業でパーミッションを変更した後、ボックスに入れる)

7/19の公式発表では、この機能を使うのを「避けることを勧めます」 程度の認識しかリンデンはしていません。

確認作業は大変な作業にはなると思いますが、あまり慌てふためかないでね^^


追記:
jiraにいい説明の画像が載ってました。


説明が英語なのですがなんとなくわかっていただけると思います。
緑のMCTが修正可、コピー可、譲渡可を表しています。
赤はその不可です。

ここで気になるのがわざわざフルパーミッションの箱をどうして用意したのか?
普通は譲渡のみ可になっているはずだと思うのですが・・・

で、新しい機能 Bulk Permissions を使って中身の属性を変えるのですが、見掛けは変わっていても
実際には変わらなかったと。。。。
確かに多くの商品を一つの箱に詰めるには便利な機能かもしれませんが・・・


あなたはこんな経験はありませんか???
たとえば多くのプリムが入っている箱を開いてインベントリにコピーした時、
サーバが「そんなにいっぺんに送ったらついて行けない、ちょと時間かかります」
と、言われたことないですか?

コピー、つまりオーナーを変更する際にある程度のラグが生じます。
属性を変えるときも同じだと思います。
一度に処理をしようとしてついていけず、こぼれてしまうのではないかと・・・

jiraの原文はこちらです。

追記2:
取り急ぎ、修正版を Snowglobe で出した模様です。
修正といっても「試してみてぇ~」といった感じですので気になる方はどうぞ



0 comment: