4/23/2010

セカンドライフの利用規約


3/30に発表されたリンデンラボの新しい利用規約2.0についてkoinupブログで書かれています。
利用規約2.0の抜粋ですが、

For machinima, you must have the consent of all Residents whose avatars or Second Life names are featured or recognizable in the machinima.
This includes avatars who are featured in a shot, avatars whose names are legible, and avatars whose appearance is sufficiently distinctive that they are recognizable by members of the Second Life community.
Consent is not required if an avatar is not recognizable and is merely part of a crowd scene or shown in a fleeting background.Consent is not required for any snapshots.
---------------------------
It’s important to remember that the Licenses are only copyright licenses for the 3D content we created that is displayed in-world. They do not include any permission to use the trademarks of Linden Lab or Residents, and they do not give any copyright permission to use music or sound recordings that may be performed in-world. They also do not give any copyright permission to use any website or video content that may be streamed from outside the Second Life virtual world environment.

If the content that you capture is subject to any trademark, service mark, trade dress, publicity rights, or other intellectual property or proprietary rights, you must obtain the necessary licenses and permissions to use the content, and you use it at your own risk.

For general information on intellectual property, please see our Intellectual Property Policy. If you seek legal advice about a specific situation, we suggest contacting a lawyer. Linden Lab cannot provide you with legal advice.


マシニマの場合、アバターやセカンドライフ名を紹介したり、認識できるすべての住民の同意が必要です。
これは、Second Lifeのコミュニティメンバーに認識される、名前が有名、外観が特徴的な写されたアバターの写真を含みます。
群衆シーンの単なる一部または背景に一瞬の映ったアバターは同意は必要ありません。任意のスナップショットには同意は必要ありません。
---------------------------
重要なことは、ライセンスは、インワールドで作られた3Dコンテンツの著作権のライセンスに限るということを忘れてはならない。
それらはリンデンラボや住民に商標使用の許可を含んでいない。そしてそれらはインワールドで使われるであろう音楽や録音したものの使用に著作権の許可をしていません。

また、Second Lifeの外部からストリーミングされたWebサイトやビデオに著作権の許可を与えることはありません。

あなたがキャプチャしたコンテンツが、商標、サービスマーク、トレードドレス、パブリシティ権、その他の知的財産、もしくは独自の権利の対象である場合は、コンテンツ使用に必要なライセンスと許可を得なければならない。そして自分の責任でそれを使用する。

知的財産に関する一般的な情報については、当社の知的財産権ポリシーを参照してください。あなたが特定の状況に関する法的助言を求める場合には、弁護士にお問い合わせください。 Linden Labは法的な助言を提供することはできません。


英訳、あってる?^^

かなり制約がきびしいですね。
当然と言えば当然の配慮なのでしょうが、
これに対してkoinupは
Some believe these changes are simply common sense courtesy, while others claim that TOS 2.0 is disabling the creative pool with their rules, which appear laden with gray areas.

利用規約2.0はルールと創造意欲を失うグレー領域を含み、これらの変更は、単に常識の礼儀を主張していると信じています

と書いていますね。。。。

動画キャプチャは無音で撮れと。。。
勝手に人の顔を撮るなと。。。

・・・海と山を撮れってか^^

気になる元ネタはhttp://blog.koinup.com/2010/04/second-life-terms-of-service-changes.html
CHECK IT OUT!!
Tattoo Shop 'Irezumi-ya'

0 comment: